BMB研究会2020

2020年度公開イベントコーナー

区切り線

ホームページ 趣旨経緯 運営会則 実績 例会・イベント 申し込み 会員専用 BMB研ブログ
2020年7月30日(木)虎ノ門ヒルズビジネスタワーの視察

新型コロナ対策で延期しておりました虎ノ門ヒルズビジネスタワーの視察ですが、
一応解除されましたので7月30日(木)午後16:00〜開催されることになりました。
視察場所は防災センター、地域熱供給センターなど(パブリックエリアは自由見学)になりますが、
参加者は20名限定となります(先着順)。
ただし新型コロナ感染防止のため、限定ルート、限定人数での開催となります。
また、今後の新型コロナの状況次第で再度の延長あるいは中止となるもご了承ください。
人数に制限がありますのでお早めにご連絡ください。(先着20名)
ではよろしくお願いいたします。
事務局

2020年度第1回5月21日例会セミナー「国交省の考えるスマートシティの動向」

近年、IoT(Internet of Things)、ロボット、人工知能(AI)、ビッグデータといっ た社会の在り方に影響を及ぼす新たな技術の開発が進んできている。我が国でも、こ れら先端技術を産業や社会生活の様々な場面で活用する取組みが進められており、経 済発展と社会的課題の解決を両立していく新たな社会「Society 5.0」(超スマート社 会)が、第5期科学技術基本計画(2016〜2020 年度)において我が国が目指すべき未 来社会の姿として提唱されている。過去にも似たような名称の街づくりがあったが、今回はMaaSや5Gなどの新しい技術を取り入れたスマートシティづくりが世界で進められている。そこで各官庁で進められているスマートシティ構想の中から国土交通省の考える
スマートシティの取り組みを紹介する。また内外の事例についても触れることにする。
 *当初の予定では4月16日開催を予定していましたが、コロナウィルスの関係で緊急事態宣言が5月末日まで
延長されましたので、 5月21日開催も中止といたします。ご留意ください。
(会員及び参加者にはファイル送付に変更となります)

まずは会員専用 コーナーより 1)国交省酒井課長補佐資料 (下部の17番)   2) 4月から現職の小田島氏資料(18番)  をご覧ください
===================================
開催日時:2020年5月21日(木)15:00〜17:00 (例会は中止となります。)
会場:TKP飯田橋ビジネスセンター(飯田橋駅下車C1出口 目の前)3階3C会議室
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/bc-iidabashi/
(会場は都度変更になる可能性がありますのでご注意ください。ルコと違いますので間違わないようにしてください)
講演:15:00〜16:00
1)国土交通省におけるスマートシティの取組
講師:国土交通省 都市局 都市計画課 都市計画調査室 課長補佐 酒井 祐介(さかい ゆうすけ) 氏    
〇講義概要・項目
国土交通省におけるスマートシティの取組
・society5.0
・スマートシティの取組
・スマートシティの関連施策
〇経歴
2007年国土交通省入省。これまで、道路、港湾、交通関係の業務に従事。
都市関係では東日本大震災における津波避難実態調査や津波防災まちづくり計画に係る業務に従事。
2019年4月から現職。スマートシティや都市交通調査等を担当
***********
16:05-16:45
2) 内外のスマートシティの動き
講師:(元)NTTデータ経営研究所 エギュゼキュティブコンサルタント 小田島 労 氏
17:00 終了
会費:一般 ¥26000 関連 ¥23400 (いずれも税別) 正会員 2名まで無料

==========================
セミナー参加に関する注意事項 (必ずご確認ください)
(SSLに対応しています)      


 

 

 

 


 

 

 

 

 


 


区切り線 

  

BMB研究会ホームページへ戻る