BMB研究会2019年度公開イベントコーナー

区切り線

ホームページ 趣旨経緯 運営会則 実績 例会・イベント 申し込み 会員専用 BMB研ブログ

2019年10月九州(長崎・福岡)観光・商業施設調査団 案内

2019年度視察研修会は下記の趣旨で開催します。詳細はリンクに従い案内書をご覧ください

外国人訪日者数が3000万人を超え、観光立国をめざす日本。また、2020年には東京オリンピック・パラリンピック開催を迎え、社会・経済的に大きな変化の局面が訪れています。このような状況下において、多数の来場者を集める観光施設や商業施設の経営および運営管理は、ビル業界の今後においても重要な課題となっています。
今回は先端的な観光施設および商業施設を訪問し、施設計画から運営管理までのハード・ソフト両面について最新動向を調査します

詳細案内書(PDF)(2019年版掲載) as of Aug.13

*(団体割引適用のため遅くも8月20日までに早めにお申し込みください)

 

 

2019年度第3回8月例会セミナー
「MicrosoftのSmart Buildingへの取り組みとそれを支えるクラウドサービス」

 8月例会では外資大手マイクロソフト社の日本法人 日本マイクロソフト社のスマートビルディングへの取り組みを紹介いたします。働き方改革を意識した彼らのオフィスづくりやさらにMaaSやスマートシティなどを目指した取り組みなど含めて紹介してゆきます。お盆休み明けのご多忙な時期かもしれませんが 会員、非会員を問わず多数のご参加期待いたします。
==============
開催日時:2019年8月22日(木)15:00〜17:00
会場:中央大学駿河台記念館
==============
テーマ、「MicrosoftのSmart Buildingへの取り組みとそれを支えるクラウドサービス」

  1. MicrosoftのSmart Building Vision
  2. Microsoftの自社ファシリティマネジメントの取り組み事例紹介
  3. Smart Buildingを支えるクラウドサービスと今後の展望
    1. セキュアに管理されたIoTサービス
    2. デジタル世界と物理世界を結ぶデータプラットフォーム
    3. 個人認証・個人情報のセキュアな管理
    4. ファシリティマネジメントの作業を支援するMixed Reality – HoloLens

    講師:日本マイクロソフト株式会社
    エンタープライズ事業本部 運輸・サービス営業統括本部
    運輸サービスソリューション インダストリーマネージャー
    MaaS/Smart Buildingソリューション本部 専任部長  清水 宏之 氏

    講師プロフィール
    経歴 1999年4月 株式会社JR東日本情報システム入社 システムエンジニア、プロジェクトマネージャー
    2016年5月 日本マイクロソフト株式会社入社 運輸業担当インダストリーマネージャー
    2018年7月 同 MaaS兼Smart Buildingソリューション本部 専任部長兼務

会費:一般 ¥26000 関連 ¥23400 (税別)  正会員:無料(2名まで)

==========================
セミナー参加に関する注意事項 (必ずご確認ください)
(SSLに対応しています)

 

 

 

 

2019年度第2回6月例会セミナー&懇親会
森トラストの事業戦略

元号が変わり”令和”となりましたBMB研究会は2019年度第2回となりますが令和としては初めての例会となります。
今回は森トラストグループが、創業以来、先進技術やシステムを採用した大型複合開発をはじめ、日本発の法人会員制リゾートの創業、 業界に先駆けた高級外資系ホテルの誘致、リート市場創設の提唱など、 常に未来の社会を見据え、新たな商品・価値・ビジネスモデルを創造してまいりましたが、
その中で、国家戦略特区「国家戦略都市計画建築物等整備事業」及び「国家戦略民間都市再生事業」に認定されている東京ワールドゲートをはじめとした森トラストグループの事業戦略を解説いたします。講演終了後には講師を囲んで懇親会を予定しておりますので、(一社)BMB研究会の正会員をはじめ、 多くの関係者のご参加を期待いたします。
****************
開催日時:6月26日(水)15:00から17:00
講演会場:中央大学駿河台記念館
講師:森トラスト株式会社 取締役副社長 吉田 武 氏

懇親会会場(レストランプリオール)17:00〜18:30
****************

●講義項目
1.オフィス賃貸市場の動向
2.不動産売買市場の動向
3.観光インバウンドの動向
4.不動産市場を取り巻く経済環境
5.森トラストグループのプロジェクト

●講師略歴
吉田 武 氏 森トラスト(株)取締役副社長
オフィス・住宅の営業部門統括および不動産売買や企業M&Aなど戦略投資全般を担当。
明治大学政治経済学部卒。

73年森ビル(株)入社
86年森ビル商事(株)取締役
88年同社常務取締役
98年森トラスト(株)常務取締役
00年同社専務取締役
07年同社取締役副社長(現任)

会費(講演):一般 ¥26000 関連 ¥23400 (税別)  正会員:無料(2名まで)
懇親会: 一般・関連 ¥6000 正会員(¥3000) 税別

==========================
セミナー参加に関する注意事項 (必ずご確認ください)
(SSLに対応しています)

 

 

2019年度第1回例会4月セミナー
「次世代スマートビルシステム開発とBMI」

2019年度初回は下記日時で開催します。

開催日時:2019年4月18日(木)15:00〜17:00
会場:中央大学駿河台記念館
講師陣:
第一部
【タイトル】
次世代スマートビルマネジメントシステム「WellnessBOX」の開発
〜IoT・AI活用からESG(環境・社会・企業統治)配慮まで〜
【目次】
1 開発の背景
2 本システムの概要
3 ウェルネスの評価指標の向上
4 建物の付加価値向上メニュー
5 本システムの導入効果
6 今後の展開
【概要】
近年、「働き方改革」の実現に向け、働く人の知的生産性を向上させるために、建築の世界でも快適性や健康などウェルネスに配慮したESG不動産投資が社会的潮流になっています。
大林組では、建物利用者の健康増進活動や環境配慮行動に働きかけ、快適、健康、安全・安心を実現する建築計画、運用・管理手法を「ウェルネス建築」と呼び、その実現に向け必要な技術開発に取り組んできました。今回は、その一環として開発した「WellnessBOX」を紹介します。

【講師】日野泰成 
株式会社大林組 情報エンジニアリング部長 兼 グローバルICT推進室 部長
【略歴】
京都大学大学院工学研究科修了、1986年4月株式会社大林組入社、構造設計部に配属。
1991〜1993年 Ove Arup社に派遣。英国ロンドン在住。
2000年  社内の機構改革に伴い、IT企画部門に配属。2010年から現職。
【学協会】
・建築学会会員、英国構造技術者協会会員
【委員】
・日本情報システム・ユーザー協会 政策企画委員会 委員

第二部
【タイトル】
建物運用管理におけるBIMモデルを活用したデジタルツイン実現のための
統合プラットフォームBIMWillの開発
【目次】
建設段階におけるBIM一貫利用
建物運用管理のための竣工BIMモデル作成
BIMモデルのクラウド上での活用

デジタルツイン実現のための外部サービスとのAPI連携(IoT、BEMS、遠隔警報監視シス

ム、ドキュメント管理等)
関係者による情報共有プラットフォームとしてBIMWill活用場面

【講師】 焼山 誠
株式会社大林組建築本部PDセンター 上級主席技師
【略歴】豊橋技術科学大学大学院修了、1986年4月株式会社大林組入社 現在に至る。

【学 協 会】
建築学会会員、空気調和・衛生工学会会員、日本ファシリティマネジメント協会会員

【研究委員会 委員】
日本建設業連合会 設備情報化専門部会 委員
buildingSMART Japan 設備環境小委員会 委員
BIMライブラリーコンソーシアム Stem WG主査
日本ファシリティマネジメント協会 BIM・FM研究部会 委員

17:00 終了
会費:一般 ¥26000 関連 ¥23400 (税別)  正会員:無料(2名まで)

==========================
セミナー参加に関する注意事項 (必ずご確認ください)
(SSLに対応しています)

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 


 


区切り線 

  

BMB研究会ホームページへ戻る