BMB研究会2017年度公開イベントコーナー

区切り線

2017年4月セミナー (2017年度第一回例会)

BMB研究会2017年度第一回例会セミナー
「新世代の公共施設マネジメントビジネス」
・・公共施設の老朽化をビジネスチャンスに変える・・

2011年のPFI法改正における「コンセッション方式」の導入により、2016年には関西国際空港などの空港施設の民営化が
スタートしました。また、2014年には総務省より「公共施設等総合維持管理計画」の策定が各地方自治体に要請され、
公共施設等の活用における民間事業者のビジネスチャンスの場が広がりつつあります。
そこで今回の例会ではこれら公共施設マネジメントに詳しい三井住友トラスト基礎研究所の福島主席研究員を講師として
招聘します。研究会会員のみならず多くのご関心者のご参加お勧めいたします。
なお今回は講演終了後、正会員相互の情報交換を中心にして1時間程度簡単な名刺交換/交流会を開催しますので
併せてご参加ください。
===================
開催日時:2017年4月13日(木)15:00~16:50 
講演&質疑
テーマ:「新世代の公共施設マネジメントビジネス」・・公共施設の老朽化をビジネスチャンスに変える・・
1.公共施設マネジメントへの期待      ・我が国の公共施設の状況
 ・公共施設は作る時代からマネジメントする時代へ     ・資本市場を活用した公共施設マネジメント  など
2.公共施設マネジメントビジネスの事例
・公的不動産(PRE)ソリューション   ・コンセッション方式の活用と拡大   など
3.新世代の公共施設マネジメントビジネス                   
・代表企業スイッチモデル ・インフラファンドの活用    ・シュタットベルケ型まちづくり会社の活用   など


講師:三井住友トラスト基礎研究所 投資調査第一部 主席研究員 福島孝則 氏
プロフィール:早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了(MBA)。
内外の投資銀行でデリバティブやリスクマネジメント業務に従事し、現職ではインフラ投資に係るコンサルティング、
アドバイザリー、リサーチ業務。自治体向けの公的不動産(PRE)やPPPコンサルティング業務に従事。
内閣府「民間資金等活用事業推進委員会」専門委員。経済産業省「アジア・インフラファイナンス検討会」委員。
国土交通省「不動産リスクマネジメント研究会」座長。国土交通省「インフラリート研究会」委員。国土交通省「不動産証券化手法等による公的不動産(PRE)の活用のあり方に関する検討会」委員など。早稲田大学国際不動産研究所招聘研究員。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)。
著書に「よくわかるインフラ投資ビジネス」(日経BP 社・共著)、「投資の科学」(日経BP 社・共訳)など。
(さらに詳細はこちらを参照ください)
17:00~18:00 会員相互の名刺交換、情報交換会を開催 (1階レストランにて)
会場:中央大学駿河台記念館 4階480号室 
情報交換会は1階レストラン”プリオール”にて行います。
===============
会費:一般 ¥26000 関連 ¥23400 (いずれも税別) {+情報交換会費:¥3000}
注意:懇親会は正会員相互の交流会としますが、一般・関連の皆様も有料となりますがご参加いただけます。
お申し込みの際にお知らせください。
(正会員の皆様は2名様まで無料です。)
===============
セミナー参加に関する注意事項 (必ずご確認ください)
(SSLに対応しています)

 


区切り線 

  

BMB研究会ホームページへ戻る