このコーナーでは当社関連のイベント(海外調査団・戦略セミナー等)の最新情報が掲載されます。 関連サービスのお申し込みも可能です。
キーワード検索


海外イベント/調査団情報 BINET戦略セミナー情報 研究会/パートナーセミナー情報

2018年海外調査

logo

注目海外調査は!この展示会?

他の国際展示会等は

kokukaigi



その他

調査団情報欄

今後企画及び対象となる国際イベント。

kokukaigi

国際会議にご参加希望の皆様はお一人様から、グループに関わらず、ご相談下さい。 現地通訳、訪問調査先設定等調整いたします。

国際会議情報は上記アイコンを海外調査団情報は下記をクリックしてください

logo
調査団情報は上記をクリック


BINET戦略セミナー


BINET戦略セミナー180516
「東京電力グループのデジタル化戦略
~カギを握る『EVと電力システムとの融合』~」
開催日時:2018年5月16日(水)13:30~16:00
会場:中央大学駿河台記念館
講師
1)東京電力ホールディング(株)技術・環境戦略ユニット技術統括室長
北島 尚史 氏
2)東京電力ホールディング(株)
経営技術戦略研究所 篠田 幸男 氏

詳細

 

BINET戦略セミナー180523
「キャッシュレス社会に向けた取り組み」
開催日時:2018年5月23日(水)13:30~16:00
会場:中央大学駿河台記念館(予定)
講師
1)NTTドコモ 金融ビジネス部FinTech推進室長 江藤俊弘 氏
2)オリエント総合研究所 取締役専務執行役員 山口 朗 氏

詳細




BINET戦略セミナー180629
「仮想通貨やブロックチェーン、電子決済の今後」
開催日時:2018年6月29日(金)13::30~16:00
会場:中央大学駿河台記念館
講師陣
1)株式会社マネーフォワード
  執行役員 渉外・事業開発責任者
神田 潤一 氏
2)SBI Ripple Asia 株式会社
代表取締役社長 沖田貴史 氏

詳細

 

 

*開催日時等が都合により変更になる場合があります。(必ずご確認ください)

 

 

研究会/パートナーセミナ


BMB研究会2018年度4月例会セミナー
『ロボットが拓く人工知能(AI)・IoT』
開催日時:2018年4月19日(木)15:00~17:00
会場:中央大学駿河台記念館
講師: 大槻 正 (おおつき ただし)氏
   ユニボット株式会社 代表取締役


詳細


(一社)BMB研究会6月例会セミナー
「建物のデバイス化、オープンデータプラットフォームの構築」
開催日時:6月7日(木)15:00~17:00
会場:中央大学駿河台記念館
講師:日建設計 エンジニアリング部門
IoT 推進室 中村 公洋 氏

詳細

 

2018 年度会員募集準備中!!

1.BINET倶楽部セミナー会員
(年間会費制)
メルマガ会員(登録無料)

詳細 (2018年版)

2.BMB研究会正会員
(年間会費制)

詳細 (2018年版)

 

 

 



(SSLに対応)

     *セミナー等お申し込みの場合は申し込み諸注意を必ずご確認ください
セミナー実績  セミナー実績 セミナー実績


その他おすすめPR商品・サービスはこちらにもあります。ご覧下さい 

(SSLに対応)

 

 

 


2018年BINET戦略セミナー

HOME へ

 

名称

BINET戦略セミナー180516
「東京電力グループのデジタル化戦略
 ~カギを握る『EVと電力システムとの融合』~」 

内容  

東京電力株式会社は2016年4月に、他の電力会社に先駆けて、燃料・火力発電、 一般送配電、小売の3つの事業部門を
分社化し、 ホールディングカンパニー制に 移行しました。また福島第一原子力発電所事故の「責任」を果たし、エネルギー産業の
新しい「競争」の時代を勝ち抜いていくために、さまざまな取り組みに チャレンジしてゆきます。
今回の講演では特にグループのデジタル化戦略に重点をおいて解説しします。
================
1.13:30~14:30
「電気事業の変容と東京電力グループのデジタル化戦略」
1)電気事業の「変容」と「デジタル化」の重要性
2)東京電力グループ各社の具体的な取り組みの最新状況
3)イノベーション創出の仕組み~オープンイノベーションとデザインシンキング~
4)質疑応答
講師:北島 尚史(きたじま たかし)氏
東京電力ホールディングス株式会社 技術・環境戦略ユニット技術統括室長
兼経営企画ユニット企画室(技術担当)
<略歴>
昭和62年3月 早稲田大学理工学部電気工学科卒
昭和62年4月 東京電力株式会社 入社
平成9年6月  米国ワシントン大学電気工学修士修了
平成15年7月 技術部系統計画グループマネージャー
平成19年7月 技術部電源計画グループマネージャー
平成22年7月 多摩支店設備部長
平成24年10月 技術部部長代理
平成27年4月 技術統括部長
平成27年7月 技術・環境戦略ユニット技術統括室長
++++++++++++++
2)14:45~15:45
「東京電力グループにおけるEVと電力システムの融合に向けた取り組み」
1) 東京電力グループにおけるこれまでの電気自動車への取組み
2) 東京電力グループが取り組むVPPについて
3) 電力システムとEVの融合による可能性について
4) 質疑応答
講師: 篠田 幸男(しのだ ゆきお)氏
東京電力ホールディングス株式会社 経営技術戦略研究所
リソースアグリゲーション推進室 プロジェクト推進グループマネージャー
<略歴>
1993年3月 東北大学工学部電気工学科卒
1993年4月 東京電力入社
2013年7月 電気事業連合会派遣
2015年7月 経営技術戦略研究所 EV戦略チーム
2017年4月 リソースアグリゲーション推進室 プロジェクト推進グループマネージャー

*なお講師は都合により変更になることもありますのであらかじめご了承ください。最新情報は当ページでご確認ください。

2018年5月16日(水) 13 :30~16:00

会場

中央大学駿河台記念館(予定)  

会費

参加費: 一般 : ¥26,000 関連会員 ¥23,400 (いずれも税別) 

     

注:この欄には今後も常に最新情報を掲載しますのでご注目ください。
セミナー参加に関する注意事項

080805(SSLに対応しています)

 

名称

BINET戦略セミナー180523
「キャッシュレス社会に向けた取り組み」 

内容  

金融とITが融合したFinTechという造語はすでにわが国でも定着している。しかしながらフィンテックのインパクトは先進国よりも金融インフラが整っていなかった新興途上国でより劇的に進んでいる、フィンテック先進国と思われがちな米国でさえ利用率は33%であり、中国やインド、ブラジル、メキシコ、南アフリカなど主要新興5か国の平均46%に及ばない。特に”現金信仰”の強といわれる、わが国では利用率はわずか14%となっている。 (大手会計事務所の17年版利用率指数)。そこでこうしたフィンテック普及の遅れを取り戻すため日本政府や大手金融機関などの 取り組みも盛んになっている。今回の講演ではFinTech普及の要ともなるモバイルキャリアとカード会社の専門家お2人にご登壇いただき キャッシュレス社会に向けた諸外国の現状と我が国の取り組みの現状を解説いただきます。
ご関心の多くの皆様の積極的なご参加を期待いたします。
================
1.13:30~14:30
「日本のキャッシュレス展望とドコモのFinTech領域の取組み」
1)携帯キャリアの視点で考える日本のキャッシュレス展望
2)ドコモが目指す新たなFinTechサービスの全体像
3)ドコモが開始する直近のFinTechサービス

講師:株式会社NTTドコモ   金融ビジネス推進部 FinTech推進室長 江藤 俊弘 氏
プロフィール
1990年NTT入社。97年NTTリース株式会社(現NTTファイナンス株式会社)出向を経て、2002年より株式会社NTTドコモ。
クレジット事業の立ち上げ、 送金サービスや保険サービスの開発等に携わった後、2018年より現職。
++++++++++++++

2)14:45~15:45
「キャッシュレス先進国の現状」
昨年秋に 訪問したオーストラリア、スウェーデン、ノルウェー、イギリス、チェコ、中国(上海)の状況について解説
講師:オリエント総合研究所 取締役専務執行役員 山口 朗 氏
プロフィール
1981年 オリエントファイナンス(現オリコ)入社、営業支店でオートローン等の営業
1991年 海外研究生として7ヶ月米国駐在
1993年 米国子会社出向で米国駐在(カリフォルニア州、フロリダ州)
1997年 カード企画部で国際ブランド・商品開発担当
2000年 米国子会社出向で米国駐在(ニューヨーク州)
2003年 eビジネス企画部長、商品開発部長、Web戦略推進部長、CRM開発推進部長を歴任
2008年 オリコ執行役員
2015年~現任

*なお講師は都合により変更になることもありますのであらかじめご了承ください。最新情報は当ページでご確認ください。

2018年5月16日(水) 13 :30~16:00

会場

中央大学駿河台記念館(予定)  

会費

参加費: 一般 : ¥26,000 関連会員 ¥23,400 (いずれも税別) 

     

注:この欄には今後も常に最新情報を掲載しますのでご注目ください。
セミナー参加に関する注意事項

080805(SSLに対応しています)

 

名称

BINET戦略セミナー180629
「仮想通貨やブロックチェーン、電子決済の今後」 

内容  

仮想通貨とは、特定の国や中央銀行による価値の保証を持たない通貨のことで、2000 年代後半に登場したビットコインの普及をきっかけに
拡大した。今や1000を超える仮想通貨が存在すると言われる。またその中核技術として注目を浴びるのがブロックチェーンである。ブロックチェーンとは中央集権的な仕組みを置かずに分散型ネットワークで情報を管理 する技術のことである。そこで今回のセミナではこのような仮想通貨やブロックチェーンの現状やそれに伴う電子決済の今後を2人の専門家が展望し解説します。
ご関心の多くの皆様の積極的なご参加を期待いたします。
================
1.13:30~14:30
「Fintechと仮想通貨のこれまでとこれから 」
<アジェンダ>
・我が国におけるFintechの制度整備
・仮想通貨・ブロックチェーンの現状とこれから
・今後のFintech・仮想通貨ビジネス
講師: 神田潤一 氏  株式会社マネーフォワード 執行役員 渉外・事業開発責任者
プロフィール
94年東京大学経済学部卒業、日本銀行入行。
金融市場局、システム情報局を経て、04年より金融機構局で金融機関のモニタリング・考査を担当。
この間、00年イェール大学院修了(国際経済・開発経済)、11年日本生命に出向。
15年~17年、金融庁に出向し、総務企画局信用制度参事官室企画官として、Fintechに関する法・制度の見直しやエコシステム構築等を担当。 17年8月末、出向終了後に日本銀行を退職、9月より株式会社マネーフォワードに参画し、金融機関との提携や仮想通貨・ブロックチェーン関連の新ビジネスの構築を担当。
11月にFintech協会理事に就任、12月にマネーフォワード執行役員に就任 。
++++++++++++++
2)14:45~15:45
「Fintechがもたらすビジネスの可能性」
<アジェンダ>
・ブロックチェーン/DLTについて
・海外におけるFintech事例
・今後のFintechによるビジネスの変化

講師:沖田 貴史 氏  SBI Ripple Asia 株式会社/代表取締役社長
プロフィール
一橋大学商学部経営学科在学中に、米国CyberCash社の日本法人であるサイバーキャッシュ株式会社(現ベリトランス株式会社)の
立ち上げに参加。
米国 CyberCash の破綻などを乗り越え、04年10月に大証ヘラクレスへ上場。
12 年に香港に econtext ASIA 社を設立し、翌13年に香港証券取引所に上場。
中国銀聯との提携など、日本のみならず、中国・アジアでの決済サービス・EC インフラサービスの普及に尽力。
15年10月、10 年間務めたべリトランス代表取締役を退任し、16年5月より SBI Ripple Asia 代表取締役。
主な公職に金融審議会専門委員など。日経ビジネスが選ぶ14年の100人に選出。  

*なお講師は都合により変更になることもありますのであらかじめご了承ください。最新情報は当ページでご確認ください。

2018年6月29日(金) 13 :30~16:00

会場

中央大学駿河台記念館(予定)  

会費

参加費: 一般 : ¥26,000 関連会員 ¥23,400 (いずれも税別) 

     

注:この欄には今後も常に最新情報を掲載しますのでご注目ください。
セミナー参加に関する注意事項

080805(SSLに対応しています)

 

HOME へ


セミナー実績

セミナー実績
(SSLに対応しています)

 

おすすめ商品PRコーナー


 

 

 


 

 

 

 

 

 


プライベート&パートナーセミナー

このコーナーでは当社と提携企業様との協業又は委託によるプライベートセミナーをご案内いたします。
BINET戦略セミナーとは異なり、プレゼン担当企業の提携により、信頼できる技術とノウハウをそして特色あるプロダクトをお持ちの企業様の専門家による最新情報のご提供を無料または格安でご提供してまいります。 ご期待ください。


セミナー企画運営設営から広報までお引き受けします。提携・協業・委託企業募集中!

ご関心の方は プライベートセミナーご提案(PDFファイル) ダウンロードしてください。

2008年の実績はこちらをご覧ください。
2011年の実績はこちらをご覧ください

 


 

皆様方の当社セミナー等に対するご意見等お伺い致します。

ご意見番フォームをご利用下さい。 (フォームはSSLに対応していますので暗号化されます)


最近のセミナー実績はこちら

SSL対応


プライバシーポリシー

運営会社情報はこちら



ホームページに戻る




 


copyright(C) by Business Intelligence Network Inc.