このコーナーでは当社関連のイベント(海外調査団・戦略セミナー等)の最新情報が掲載されます。 関連サービスのお申し込みも可能です。
キーワード検索


海外イベント/調査団情報 BINET戦略セミナー情報 研究会/パートナーセミナー情報

2016年海外調査

logo

注目海外調査は!この展示会?



詳細

他の国際展示会等は

kokukaigi



その他

調査団情報欄

今後企画及び対象となる国際イベント。

kokukaigi

国際会議にご参加希望の皆様はお一人様から、グループに関わらず、ご相談下さい。 現地通訳、訪問調査先設定等調整いたします。

国際会議情報は上記アイコンを海外調査団情報は下記をクリックしてください

logo
調査団情報は上記をクリック


BINET戦略セミナー

BINET戦略セミナー170809
「医療分野における人工知能の活用(仮)」
開催日時:8月9日(水)13:30~16:00
会場:中央大学駿河台記念館(予定)
講師:
1)慈恵会医科大学 先端医療情報技術研究講座  脳神経外科学講座 准教授  髙尾洋之(タカオヒロユキ) 氏
2)東京医科歯科大学名誉教授
東北大学東北メディカル・メガバンク機構 機構長特別補佐 田中博 氏
日本オミックス医療学会 理事長

詳細




BINET戦略セミナー170906
「準天頂衛星システムで見えてくる活用シーン」
開催日時:2017年9月6 日(木)
13:30-16 :00
会場:中央大学駿河台記念館(予定)
講師陣:
1) 準天頂衛星2018年運用開始に向けた活動
(一財)衛星測位利用推進センター
シニアアドバイザー
松岡 繁 氏

2)「自動走行と地理空間情報」
アイサンテクノロジー株式会社
研究開発知財本部 部長

細井 幹広 氏

詳細

 

BINET戦略セミナー171026
「IoT時代のLPWAの最新動向」
開催日時:10 月26 日(木)13:00~17:00
会場:中央大学駿河台記念館
テーマおよび講師
1)広域低消費電力センサネットワークLPWAの最新動向
講師:千葉大学大学院融合科学研究科 教授 阪田史郎 氏
2)「 LoRa について」
株式会社M2Bコミュニケーションズ
代表取締役 田中 雅人 氏
3)「SIGFOXネットワークサービスの概要と導入事例」
京セラコミュニケーションシステム株式会社 LPWAソリューション部
日比 学 氏
4)「LTEの拡張でIoT時代に求められる無線通信の機能を実現するNB-IoT」
講師: 華為技術日本株式会社
技術戦略部
薛(せつ) 東明 氏

詳細

 

*開催日時等が都合により変更になる場合があります。(必ずご確認ください)

 

 

研究会/パートナーセミナ

BMB研究会2017年度8月例会 セミナー
「太陽光採光システムと人工デイライトのオフィス・公共施設への導入について」

開催日時:2017年8月30日(水)15:00より
会場:中央大学駿河台記念館(予定)
講師:ラフォ-レエンジニアリング(株)
代表取締役社長    古畝 宏幸
(太陽光採光システム協議会 理事)

詳細

 

2017 年度会員募集中!!

1.BINET倶楽部セミナー会員
(年間会費制)
メルマガ会員(登録無料)

詳細

2.BMB研究会正会員
(年間会費制)

詳細

 

 

 



(SSLに対応)

     *セミナー等お申し込みの場合は申し込み諸注意を必ずご確認ください
セミナー実績  セミナー実績 セミナー実績


その他おすすめPR商品・サービスはこちらにもあります。ご覧下さい 

(SSLに対応)

 

 

 


2017年BINET戦略セミナー

HOME へ

名称

BINET戦略セミナー170809
「医療分野における人工知能(AI)活用」 

内容  

人工知能(AI)の進化が、様々な分野で大きな変革をもたらしています。医療分野についてもその在り方を変えようとしています。 画像診断の支援、ゲノム医療の実現に向けたがん遺伝子解析、医療・健康情報のビッグデータ解析等々において医療の効率や質を 高める 試みがなされ、政府による制度面からの支援も始まっています。
さて今回のセミナーではその一端をお二人の専門家にお話しいただきます。 医療分野の皆様、医薬業界、IT業界等々多くの皆様の
ご参加を期待いたします
================
1)「人工知能AIとICTを用いた医療の活用」
人工知能とICTを用いた医療に関しては、国策としても掲げられ様々なところで、議論が進んでいる課題である。
どのような事が実際に医療として活用されているかは見えない部分が多い。今回は、その実際の活用方法から今後期待される
医療への応用について解説する。

講師:慈恵会医科大学 先端医療情報技術研究講座  脳神経外科学講座 准教授  髙尾洋之(タカオヒロユキ) 氏
<プロフィール>
2001年、東京慈恵会医科大学卒業。2008年、東京慈恵会医科大学脳神経外科助教、2012年3月よりカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)神経放射線科リサーチアシスタントを兼任し臨床及び研究に従事。臨床では、脳血管内治療を中心に脳神経外科医として活動。
研究では、頭部外傷シミュレーションによる頭部外傷のメカニズムの解析、脳血流のコンピュータ解析(CFD)の臨床応用、脳動脈瘤計測
ソフト 「Neurovision」を開発。
近年はスマートフォンを用いた汎用画像診断装置用プログラム“Join”(医療機器プログラムとして日本初の保険収載アプリケーション)や
日常生活における救命・緊急対応を補助するスマートフォンアプリ“MySOS”等の開発など多岐にわたる。
2014年に厚生労働省 医政局 経済課 課長補佐 医療機器政策室長補佐 流通指導官として従事。
2015年4月より東京慈恵会医科大学脳神経外科及び先端医療情報技術研究講座を兼務、准教授。

2)「ビッグデータ医療とAI創薬」
<概要>
次世代シーケンサーの急速な発展によって、ゲノム・オミックス情報がビッグデータ化し、 これらのビッグデータを医療や創薬に活かすためにはどんな方法が可能か問われている。 人工知能、特にディープラーニングはデータの構造の特性を自動的に検出し、それに合わせて次元縮約を行う。 医療・創薬へのビッグデータの解析に対する画期的な方法として期待される。

講師:東京医科歯科大学名誉教授
東北大学東北メディカル・メガバンク機構 機構長特別補佐 田中博 氏
日本オミックス医療学会 理事長
<略歴>
1981 年 東京大学医学系大学院博士課程修了・ 医学博士を取得
1982 年 東京大学医学部講師
1983 年 東京大学工学系大学院より 工学博士を授かる
1982 ~1984 年 スウェーデン ウプサラ・リンシェーピング大学客員研究員
1987 年 浜松医科大学 医学部 助教授
1990 年 米国マサチューセッツ工科大学 客員研究員
1991 年 東京医科歯科大学 難治疾患研究所 生命情報学 教授
1995 年 東京医科歯科大学 情報医科学センター センター長 併任(~2009)
2006 年~2010年 東京医科歯科大学 大学院生命情報科学教育部 教育部長
大学教育研究評議員 併任
2015 年 東京医科歯科大学 名誉教授、
東北大学 東北メディカル・メガバンク機構 特任教授 機構長特別補佐
最近の著書
AI創薬・ビッグデータ創薬

*なお講師は都合により変更になることもありますのであらかじめご了承ください。最新情報は当ページでご確認ください。

2017年8月9 日(水)13 :30~16:00

会場

中央大学駿河台記念館(予定)  

会費

参加費: 一般 : ¥26,000 関連会員 ¥23,400 (いずれも税別) 

     

注:この欄には今後も常に最新情報を掲載しますのでご注目ください。
  セミナー参加に関する注意事項

080805(SSLに対応しています)

 

名称

BINET戦略セミナー170906
「準天頂衛星システムで見えてくる活用シーン」 

内容  

我が国の衛星測位システムである準天頂衛星システムがその運用開始に向けてカウントダウンに入っている。
今回のセミナーでは2018年運用開始に向けた利用実証の全貌と、活用シーンを探ってみる
衛星測位の利活用、自動走行、地理空間情報等々にご関心の多くの皆様のご参加を期待いたします
================
1)「準天頂衛星2018年運用開始に向けた活動」
我が国の衛星測位システムである準天頂衛星システムは2009年9月初号機を打ち上げ、利用実証等市場検証を推進してきた。
2017年6月1日2号機打ち上げ後、7月末3号機、10月初旬4号機打ち上げにより4機体制が実現される予定である。
2018年運用開始に向け、カウントダウンが始まっている。
本セミナーでは、
・準天頂衛星システムの概要を紹介
・現在まで推進してきた民間の利用実証全容説明
・市場の製品動向
・受信機の動向
・新市場・分野開拓動向
を主に紹介する。

講師:(一財)衛星測位利用推進センター シニアアドバイザー 松岡 繁 氏
<プロフィール>1971年4月(株)日立製作所入社。
ロボット(視覚触覚ロボット)の制御系を担当し、次に日本語ワードプロセッサの企画・開発を担当した。
その後、日立社内ベンチャーCEOを拝命、インターネットで利用するNet PDA等先端技術の製品化を図った。 携帯電話事業部長を経て、日立から2004年に新衛星ビジネス(株)へ出向し準天頂衛星の利活用推進を担当、2007年2月から現在の(一財)衛星測位利用推進センターに出向、2015年5月日立製作所を退社後、継続して非常勤勤務、現在に至る。シニアアドバイザー

2)「自動走行と地理空間情報」
・愛知県で実施されている社会許容性調査
⇒自動走行の実用化に向けた自治体の取組みと期待
・内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システム
⇒国としての自動走行への取組み
⇒衛星測位とダイナミックマップ
・準天頂衛星による位置の高度化
・自動走行に必要な地図とは

講師:アイサンテクノロジー株式会社 研究開発知財本部 部長 細井 幹広 氏
<プロフィール>新潟大学理学部数学科
1992年 アイサンテクノロジー株式会社入社
主に測量業向けシステムの開発を行う。
2013年 「あいち研究創造助成」準天頂衛星を利用した車線認識ナビの実証実験を実施
2014年~2016年 「SIP(内閣府・経産省)自動走行システム」
自動走行システムの衛星測位活用に向けた調査を受託
現在 アイサンテクノロジー株式会社 研究開発知財本部 部長
エーティラボ株式会社 取締役
以上

*なお講師は都合により変更になることもありますのであらかじめご了承ください。最新情報は当ページでご確認ください。

2017年9月6日(水)13:30-16:00 (開催日変更注意) 

会場

中央大学駿河台記念館(予定)  

会費

参加費: 一般 : ¥26,000 関連会員 ¥23,400 (いずれも税別) 

     

注:この欄には今後も常に最新情報を掲載しますのでご注目ください。
  セミナー参加に関する注意事項

080805(SSLに対応しています)

 

名称

BINET戦略セミナー171026
「IOT時代のLPWAサービスの最新動向」 

内容  

当セミナーではIOT時代の中核として急速に普及するLPWAの現状と今後につき4人の専門家にご登壇いただき解説します。
ぜひ多くの熱心な皆様のご参加期待いたします.
================
1)13:00~13:55
「広域低消費電力センサネットワークLPWAの最新動向」
2015年以降LPWAの代表であるSIGFOX, LoRaが急速に普及し、後を追って4G携帯電話網のLTEにおいてもNB-IoTが標準化され、
サービスが始まろうとしている。本講演では、センサネットワークの歴史を概括した後、LPWAで提供されるサービス・展開状況、
各LPWAの概要・比較、今後の展望について述べる。
講師:千葉大学 大学院融合科学研究科 教授 阪田史郎 氏
<学歴/職歴>   1972年 早稲田大学 理工学部 電子通信学科
1974年 早稲田大学大学院 理工学研究科 工学修士
1991年 工学博士
1974年 NEC中央研究所
1996-1999年 NECパーソナルC&C研究所所長
1999-2004年 NECインターネットシステム研究所所長
1997-1999年 (兼)奈良先端科学技術大学院大学 客員教授
2004年 現職
<所属学会>   電子情報通信学会フェロー、情報処理学会フェロー、IEEE
Senior Member、情報処理学会より功績賞受賞、電子情報通信学会より顕彰功労賞受賞
<現在の専門分野>   IoT/M2M(センサネットワーク、モバイルアドホックネットワーク/5G移動通信網、メッシュネットワーク、
ホーム/情報家電ネットワ ー ク等)

2)14:00~14:55
「LoRaWAN の動向と導入事例」
1. LoRaWANの概要  
2. 日本におけるLoRaWAN
3. LoRaWAN導入事例
4. LoRaWANの技術動向

講師:株式会社M2Bコミュニケーションズ  代表取締役 田中 雅人 氏
<略歴>
1998年 大阪大学大学院工学研究科 通信工学専攻 卒業
2006年 株式会社クインティリオンテクノロジーズ入社
       主にWCDMA/LTE等の測定器の開発を行う
2015年 株式会社エイビットに移籍
       取締役CTO 就任
  IoT関連のビジネス立ち上げに従事
2016年 株式会社M2Bコミュニケーションズ 代表取締役就任

現在の専門分野
IoT/M2M,変調方式,無線通信方式

3)15:00~15:55
SIGFOXネットワークサービスの概要と導入事例」
1. LPWA、SIGFOXネットワークの概要
2. 日本におけるSIGFOXサービス
a) サービス概要   b) 国内外における周波数利用
3. 導入事例
4. SIGFOX通信とクラウド技術   a) UNB(ウルトラナローバンド)技術   b) 無線モジュール情報   c) クラウド連携技術
5. SIGFOXエコシステムとチャネルパートナープログラム
講師:京セラコミュニケーションシステム株式会社 LPWAソリューション部 副責任者 日比 学 氏
■略歴
1996年京セラコミュニケーションシステム株式会社入社、研究部配属。
以降、セルラーネットワークの無線オプティマイゼーション技術、広域無線LANシステム、映像伝送用ミリ波システム、
自治体向けソリューションの開発普及に従事。
2016年10月、SIGFOXの日本展開にあわせ、技術責任者としてLPWAソリューション部に異動。
今後、数百億台の市場が見込まれるIoTデバイスの市場を支えるLPWA(Low Power Wide Area)ネットワーク。
その技術のひとつである「SIGFOX」を、KCCSは本年2月より日本で展開しています。
SIGFOXネットワークは、低価格・低消費電力・長距離伝送を特長とし、欧州を中心に現在32ヶ国(2017年2月時点)に導入されている
グローバルIoTネットワークです。社会インフラ、設備、環境、物流(アセット)、暮らし、農業など、さまざまな分野で利用され、
数多くのIoT事例が出ています。
本セミナーでは、SIGFOXネットワークサービスの概要、利用事例を説明するほか、SIGFOXクラウドを含めた利用方向について、技術面を交え解説していきます。

4)16:00~16:55
「 LTEの拡張でIoT時代に求められる無線通信の機能を実現するNB-IoT」
2017年は、NB-IoTの商用化元年です。ファーウェイは3GPP標準のNB-IoTを推進して、世界各地のパートナーと協業を進めています。
各業界市場ニーズに応えてNB-IoT向けチップセットからIoTプラットフォームまでのE2Eソリューションを提供して、パートナーの
グローバル商用化のお手伝いをしています
<アジェンダ>
LPWA市場ニーズ、 NB-IoTの技術紹介、 IoTエコシステム、 成功事例と今後の計画
講師:華為技術日本株式会社 技術戦略部  薛(せつ) 東明 氏
<学歴/職歴>   
2007年 中国上海交通大学 電子情報と電気工程学院 電子情報工学 学部卒
2011年 東京工業大学大学院 総合理工学研究科物理情報システム専攻 修士卒
2011年-2017年 NTTドコモ R&Dセンタ 移動機開発部 要素技術開発担当、無線技術担当、無線制御担当、次世代方式担当
2017年 華為技術日本 技術戦略部
<現在の専門分野>   NB-IoT、組み込みシステム、IoTプラットフォーム、IoT E2Eソリューション

 

*なお講師は都合により変更になることもありますのであらかじめご了承ください。最新情報は当ページでご確認ください。

2017年10月26 日(木)13 :00~17:00 (日程変更)

会場

中央大学駿河台記念館(予定)  

会費

参加費: 一般 : ¥26,000 関連会員 ¥23,400 (いずれも税別) 

     

 

HOME へ


セミナー実績

セミナー実績
(SSLに対応しています)

 

おすすめ商品PRコーナー


 

 

 


 

 

 

 

 

 


プライベート&パートナーセミナー

このコーナーでは当社と提携企業様との協業又は委託によるプライベートセミナーをご案内いたします。
BINET戦略セミナーとは異なり、プレゼン担当企業の提携により、信頼できる技術とノウハウをそして特色あるプロダクトをお持ちの企業様の専門家による最新情報のご提供を無料または格安でご提供してまいります。 ご期待ください。


セミナー企画運営設営から広報までお引き受けします。提携・協業・委託企業募集中!

ご関心の方は プライベートセミナーご提案(PDFファイル) ダウンロードしてください。

2008年の実績はこちらをご覧ください。
2011年の実績はこちらをご覧ください

 


 

皆様方の当社セミナー等に対するご意見等お伺い致します。

ご意見番フォームをご利用下さい。 (フォームはSSLに対応していますので暗号化されます)


最近のセミナー実績はこちら

SSL対応


プライバシーポリシー

運営会社情報はこちら



ホームページに戻る




 


copyright(C) by Business Intelligence Network Inc.