このコーナーでは当社関連のイベント(海外調査団・戦略セミナー等)の最新情報が掲載されます。 関連サービスのお申し込みも可能です。
キーワード検索


海外イベント/調査団情報 BINET戦略セミナー情報 研究会/パートナーセミナー情報

2016年海外調査

logo

注目海外調査は!この展示会?



詳細

他の国際展示会等は

kokukaigi



その他

調査団情報欄

今後企画及び対象となる国際イベント。

kokukaigi

国際会議にご参加希望の皆様はお一人様から、グループに関わらず、ご相談下さい。 現地通訳、訪問調査先設定等調整いたします。

国際会議情報は上記アイコンを海外調査団情報は下記をクリックしてください

logo
調査団情報は上記をクリック


BINET戦略セミナー

BINET戦略セミナー170420
「コールセンターとAI活用の現状、課
題」 (1)
開催日時:2017年4月20日(木)13:30~17:00
会場:中央大学駿河台記念館(580)
1)三菱総合研究所(MRI) 山本泰史氏及び大山元 氏
2)ベルシステム24 山中洋平 氏
3)NEC 大庭正裕 氏

詳細



BINET戦略セミナー170426
「第4次産業革命を読み解く!」
開催日時:2017年4月26日(水)に変更になりました。
会場:中央大学駿河台記念館410
講師陣及びテーマ
1)「第4次産業革命に向けたIPAの取り組み」
〜安全・安心社会の実現に向けて〜講師:IPA ソフトウェア高信頼化センター長  松本隆明 氏
2)「クラウドからフォグ、コモディティ化するIoT機器、 スマートホームは大きく変わる!」
  〜CES2017で見えてきたクラウドサービスの新潮流〜
講師: 一般社団法人 重要生活機器連携セキュリティ協議会(CCDS)
代表理事 荻野司 氏

詳細



BINET戦略セミナー170518「コールセンターとAI活用の現状・課題」(2)
開催日時:2017年5月18日(木)
会場:中央大学駿河台記念館(予定)
1)NTTソフトウェア 河村 誠司 氏

2)(株)空色 代表取締役社長 中嶋 洋巳 氏

3)(株)オウケイウェイブ(人選中)

詳細



BINET戦略セミナー170525
「再生医療の最新動向と新規ビジネス」
開催日時:2017年5月25日(木)
13:30−17:00
会場:中央大学駿河台記念館(予定)
講師陣:
(株)NTTデータ経営研究所(研究員 4名)

詳細

 

*開催日時等が都合により変更になる場合があります。(必ずご確認ください)

 

 

研究会/パートナーセミナ

BMB研究会2017年度第一回月例会
セミナー
新世代の公共施設マネジメントビジネス」
・・公共施設の老朽化をビジネスチャンスに変える・・

開催日時:2017年4月13日(木)15:00~18:00
会場:中央大学駿河台記念館480号室
講師:三井住友トラスト基礎研究所
投資調査第一部主席研究員 福島孝典氏


詳細

 

2017 年度会員募集中!!

1.BINET倶楽部セミナー会員
(年間会費制)
メルマガ会員(登録無料)

詳細

2.BMB研究会正会員
(年間会費制)

詳細

 

 

 



(SSLに対応)

     *セミナー等お申し込みの場合は申し込み諸注意を必ずご確認ください
セミナー実績  セミナー実績 セミナー実績


その他おすすめPR商品・サービスはこちらにもあります。ご覧下さい 

(SSLに対応)

 

 

 


2017年BINET戦略セミナー 

 

名称

BINET戦略セミナー170420
「コールセンターとAI活用の現状・課題」 (1)

内容  

近年、人工知能の研究は目覚ましく、大手IT事業者がそれぞれに独自の技術を発表しています。人工知能は人間の仕事を代行できると大きな期待が寄せられ、多くの仕事が近い将来人工知能に代わるという人もいます。コールセンターにおいては、対象が人間であることから代行が難しいとされていますが、クレーム処理などでオペレーターのストレスが大きく、離職率が極めて高く、常に人材難が課題となるなか、人工知能やロボットなどによるコールセンター向け支援システムの必要性も叫ばれているのが現状です。
そこで今回のセミナーでは2回シリーズでコールセンターの支援システムや人工知能の活用に関する取り組みを、先進各社から報告いただくことにします。(第2回は5月18日(木)を予定)コールセンター事業者、システム構築会社、金融機関などユーザー企業など、多くの皆様のご参加を期待いたします。
================
1.<13:30−14:30>
「コールセンターの市場動向とAI活用のトレンド 」
アジェンダ:
@コールセンター導入企業の運用実態と課題
(三菱総研・自主アンケート調査結果分析)
AAIの技術動向とコールセンターにおける活用トレンド
・AI技術全般の動向
・コールセンターでのAI活用トレンド・将来像
講師: (株)三菱総合研究所 経営コンサルティング事業本部
経営戦略グループ グループリーダー 主席研究員 山本 泰史 氏
経営戦略グループ 主任研究員 大山 元 氏
プロフィール:
テーマ@担当
株式会社三菱総合研究所 主席研究員 山本 泰史  氏
1998年 早稲田大学大学院理工学研究科 修了
同年 株式会社三菱総合研究所入社
現在 経営コンサルティング事業本部 経営戦略グループリーダー
テーマA担当
株式会社三菱総合研究所 主任研究員 大山 元 氏
1999年 東京大学大学院経済学研究科 修了
同年 株式会社三菱総合研究所入社
現在 経営コンサルティング事業本部 経営戦略グループ所属
++++++++++++++++

2.14:40−15:40
「AIがもたらすコンタクトセンターの大変革」
アジェンダ:
企業と消費者のコミュニケーション手段は多様化し「あらゆるチャネルで迅速な解決」を求める消費者が増加する一方、
コンタクトセンターにおいては「採用難による長期的なリソース確保」への不安が顕在化しテクノロジーを活用した抜本的な変革が
期待されています。 ベルシステム24ではAIソリューションの第一弾として「顧客接点におけるハイブリッド応対」を実現する
「BellCloud AI for Webself」の提供を開始、 「顧客接点におけるCSとコストの最適化」および「新たなオペレーションモデルの確立」を
目指します。
講師:株式会社ベルシステム24 テクノロジーマーケティング部 部長 山中洋平  氏
プロフィール:
コンタクトセンター最大手のベルシステム24の新設部門をリードし、AIソリューションやオムニチャネルソリューションの推進を担当。

++++++++++++++++
3.15:50−16:50
「ITベンダーが本音で語る、AI、IoT時代のコンタクトセンター」
アジェンダ:
 AI、IoTのコンタクトセンターでの活用が必然の時代になりつつあります。
これらの技術はコンタクトセンターの課題を大きく改善させる可能性を秘めておりますが、導入に向けては越えなければいけないハードルがあるのも事実です。 NECは”NEC the WIZE” というAI技術群を保有しており、これらの技術をコンタクトセンターに生かす事で、AI、IoT時代のコンタクトセンターに貢献できると考えています。AI、IoT社会で働く人々が、生き生きとやりがいを持って働けるコンタクトセンターの
未来を描き皆様のお役にたてる製品・サービスを活用事例を交えながら御紹介致します。

講師:NEC スマートネットワーク事業部 事業主幹 大庭正裕 氏
プロフィール:25年に及ぶコンタクトセンタープロマネ経験を生かし、AI、IoT時代のコンタクトセンターソリューション事業を統括

17:00 終了

*なお講師は都合により変更になることもありますのであらかじめご了承ください。最新情報は当ページでご確認ください。

 

2017年4月20 日(木)13:30−17:00 

会場

中央大学駿河台記念館 580号室  

会費

参加費: 一般 : ¥26,000 関連会員 ¥23,400 (いずれも税別) 
*また第2回目のセミナー(5・18)に同時申し込みの場合は1割引きとさせていただきますので、ぜひ第1回、第2回を同時にお申し込みいただきますようご検討ください。

     

注:この欄には今後も常に最新情報を掲載しますのでご注目ください。
  セミナー参加に関する注意事項

080805(SSLに対応しています)

 

名称

BINET戦略セミナー170426
「第4次産業革命を読み解く!」
後援:(一社)重要生活機器連携セキュリティ協議会(CCDS)

内容  

「第4次産業革命」とも呼ぶべきIoT、ビッグデータ、ロボット、人工知能(AI)等による技術革新は、従来にないスピードとインパクトで進行しています。この技術革新を的確に捉え、これをリードするべく大胆に経済社会システムを変革することこそが、我が国が新たな成長フェーズに移行するための鍵となります。 本セミナーでは、業界の第一人者を招き、新潮流が進むIoTビジネスワールドの動向を探ります。
特に、IoT時代における安全設計。重要な基盤技術としてのシステムエンジニアリングについて解説します。
また、加速化するIoT時代におけるクラウドサービスを俯瞰し、 繋がる機器と新たなクラウドサービスの安全・安心についても併せて議論します。 新事業を企画する企業経営者、事業企画者はもとより、IoT関連サービス開発を目指す開発者にもご参加いただきたいと考えます。
================
1.<13:30−14:30>
「第4次産業革命に向けたIPAの取り組み」
〜安全・安心社会の実現に向けて〜
【アジェンダ】
・第4次産業革命の到来
・つながる世界の安全設計
・連携するシステムに求められるシステムズエンジニアリング
・新たな安全性の考え方
講師: 独立行政法人情報処理推進機構(IPA) ソフトウェア高信頼化センター  センター長 松本 隆明 氏
【略歴】
松本 隆明
1978年東京工業大学大学院修士課程修了。同年日本電信電話公社入社。
2003年よりNTTデータ技術開発本部長。2007年NTTデータ先端技術梶@常務取締役。
2012年7月より現職。工学博士。
++++++++++++++++

2.14:40−15:40
「クラウドからフォグ、コモディティ化するIoT機器、 スマートホームは大きく変わる!」
  〜CES2017で見えてきたクラウドサービスの新潮流〜
概要:
IoT時代に向けて、新たなクラウドサービス時代が到来しようとしている。
本講演では、IoT機器とサービスという観点からスマートホームの現状を、総務省のIoTサービス創出支援事業にて
構築中のスマートホームを題材にして具体的に解説する。 加えて、IoT機器、サービスにおける脅威の現状と脆弱性評価
のポイントも併せて紹介する。
講師:一般社団法人重要生活機器連携セキュリティ協議会(CCDS) 代表理事 荻野 司 氏
略歴:
1986 年キヤノン(株)入社。中央研究所を経て、ハードウェア及びソフトウェア 設計等、新製品の開発に携わる。
2003年9月(株)ユビテック代表取締役社長に就任。クラウドとネットを利用したカーソリューション事業や省エネ事業を展開。
2014年9月からはユビテックの社長を退任、重要生活機器連携セキュリティ協議会を立ち上げ、代表理事としてIoTセキュイティに
関する基盤技術開発を推進している。また、京都大学 特任教授として、最先端技術の産業応用に向けた活動も行っている。

15:40から 質疑応答・名刺交換

16:00 終了

*なお講師は都合により変更になることもありますのであらかじめご了承ください。最新情報は当ページでご確認ください。

2017年4月26 日(水)13:30〜16:00 ( 開催日が左記に変更となりました)

会場

中央大学駿河台記念館 410号室 

会費

参加費: 一般 : ¥26,000 関連会員 ¥23,400 (いずれも税別) 

     

注:この欄には今後も常に最新情報を掲載しますのでご注目ください。
  セミナー参加に関する注意事項

080805(SSLに対応しています)

 

 

名称

BINET戦略セミナー170518
「コールセンターとAI活用の現状・課題」 (2)

内容  

近年、人工知能の研究は目覚ましく、大手IT事業者がそれぞれに独自の技術を発表しています。人工知能は人間の仕事を代行できると大きな期待が寄せられ、多くの仕事が近い将来人工知能に代わるという人もいます。コールセンターにおいては、対象が人間であることから代行が難しいとされていますが、クレーム処理などでオペレーターのストレスが大きく、離職率が極めて高く、常に人材難が課題となるなか、人工知能やロボットなどによるコールセンター向け支援システムの必要性も叫ばれているのが現状です。
そこで今回のセミナーでは4月の第一回に続き第2回目としてコールセンターの支援システムや人工知能の活用に関する取り組みを、先進各社から報告いただくことにします。このセミナーではコールセンター事業者、システム構築会社、金融機関などユーザー企業など、多くの皆様のご参加を期待いたします。
================
1.<13:30−14:30>
「顧客接点におけるAI活用」
アジェンダ :NTTソフトウェアでは、企業のコールセンタやリアル店舗の窓口業務でForeSight Voice Miningを用いたAI活用を提案して
いる。 例えば、コールセンタでお客様とオペレータの会話をバーチャル・エージェントが盗み聞きするイメージである。
バーチャル・エージェントは適切なタイミングで応対ナレッジ(回答例)をオペレータ画面にレコメンドする。
オペレータは画面にレコメンドされた応対ナレッジに基づ いて応対することで、スムーズな顧客応対が可能となる。
このようなAI関連技術がなぜ今注目され始めたのか、 また、どのようなブレイクスルーがあったのかを交えつ つ、
「今、導入して成果が出せるAI技術」について紹介する。
講師:NTTソフトウェア株式会社  メディア&モバイル事業部  河村 誠司 氏
プロフィール:
1989年NTTソフトウェア株式会社に入社。  入社以来、自然言語処理アプリケーション開発、 音声合成エンジン開発、音声認識
アプリケーション開発等に従事。 現在、メディア&モバイル事業部・統括マネージャーとし て音声マイニング技術、レコメンド技術等の
ビジネス展開を担当。

++++++++++++++++
2.14:40−15:40
「AIと人で実現するコミュニケーションのカタチ」

講師:株式会社 空色 代表取締役社長 中嶋洋巳 氏
会社及び中嶋社長の紹介
アジェンダ:
・会社概要
・パートナー会社紹介
・ウェブ接客導入が進む背景
・OKSKYサービス概要
・チャットセンター運用概要
・ChatBotサービス概要
・事例紹介(追加)
・問い合わせ先のご案内

++++++++++++++++
3.15:50−16:50
講師:(株)オウケイウェイブ (人選中)

17:00 終了

*なお講師は都合により変更になることもありますのであらかじめご了承ください。最新情報は当ページでご確認ください。

 

2017年5月18 日(木)13:30−17:00 

会場

中央大学駿河台記念館(予定)  

会費

参加費: 一般 : ¥26,000 関連会員 ¥23,400 (いずれも税別) 

     

注:この欄には今後も常に最新情報を掲載しますのでご注目ください。
  セミナー参加に関する注意事項

080805(SSLに対応しています)

 

名称

BINET戦略セミナー170525
「再生医療産業の最新動向と新規ビジネス」 

内容  

京都大学の山中伸弥教授のiPS細胞のノーベル賞受賞に伴い、再生医療が市場としても治療行為としても大きくクローズアップ
されるようになった。 この動きに伴い、再生医療に対する官民挙げての支援も活発になった。しかしながら発展段階の再生医療
分野は課題も多い。 そこで今回は市場化、産業化の視点から、資金配分の適切性の観点から現状と課題なども取り上げる。
講師陣は昨年に引き続き、再生医療産業の活性化・インフラ構築支援、再生医療産業参入を検討している企業の各種調査・
事業戦略の構築、新規事業の支援などを行っているNTTデータ経営研究所の産業戦略グループにお願いしました。
多くの皆様のご参加を歓迎いたします。
================
講師陣:(株)NTTデータ経営研究所  事業戦略コンサルティングユニット 産業戦略グループ
<大まかなスケジュール>
13:30-14:00  @再生医療の動向 
講師: 野田 恵一郎 氏 (マネージャー)
14:10-14:40  A再生医療の医療経済評価を踏まえた価値試算
講師: 西 順子 氏 (シニアコンサルタント)
14:50-15:20   B幹細胞の創薬応用の動向 
講師:江木 淳 氏  (シニアコンサルタント)
15:20-15:40   質疑5分・休憩15分
15:40-16:10  CAI/IoTを活用した再生医療の新規ビジネスモデル 
講師:林 直樹 氏 (シニアコンサルタント)
16:15-16:45   D再生医療の社会受容性  
講師:林 直樹 氏 (シニアコンサルタント)
17:00 終了

*なお講師は都合により変更になることもありますのであらかじめご了承ください。最新情報は当ページでご確認ください。

2017年5月25 日(木)13:30−17:00 

会場

中央大学駿河台記念館(予定)  

会費

参加費: 一般 : ¥26,000 関連会員 ¥23,400 (いずれも税別) 

     

注:この欄には今後も常に最新情報を掲載しますのでご注目ください。
  セミナー参加に関する注意事項

080805(SSLに対応しています)

 


セミナー実績

セミナー実績
(SSLに対応しています)

 

おすすめ商品PRコーナー


 

 

 


 

 

 

 

 

 


プライベート&パートナーセミナー

このコーナーでは当社と提携企業様との協業又は委託によるプライベートセミナーをご案内いたします。
BINET戦略セミナーとは異なり、プレゼン担当企業の提携により、信頼できる技術とノウハウをそして特色あるプロダクトをお持ちの企業様の専門家による最新情報のご提供を無料または格安でご提供してまいります。 ご期待ください。


セミナー企画運営設営から広報までお引き受けします。提携・協業・委託企業募集中!

ご関心の方は プライベートセミナーご提案(PDFファイル) ダウンロードしてください。

2008年の実績はこちらをご覧ください。
2011年の実績はこちらをご覧ください

 


 

皆様方の当社セミナー等に対するご意見等お伺い致します。

ご意見番フォームをご利用下さい。 (フォームはSSLに対応していますので暗号化されます)


最近のセミナー実績はこちら

SSL対応


プライバシーポリシー

運営会社情報はこちら



ホームページに戻る




 


copyright(C) by Business Intelligence Network Inc.